カラコンは正しく装着しないと目が荒れます。

ファッション感覚で身につける事が多いカラコンですが、カラコンは目に装着するものです。

そして、そもそもコンタクトレンズはファッションではなく、目の視力を矯正するものです。

本当は、コンタクトレンズを装着しない方がいいに越した事はないんです。

しかしコンタクトレンズを作る技術が向上したのか、コンタクトはファッションとして利用しても良いような安全なものになりました。

そして、目が盛れるという事で女性を中心に人気を集めています。

しかしファッション感覚で身に付けているせいか、カラコンの管理を怠っている人もいます。

本当は消毒しないといけないのに、消毒しないで装着するなどの行為が当たり前になっている人もいます。

さらに、ワンデーのコンタクトなのに平気で何日もつけていたりという人もいます。

そして、まるで洋服を貸し借りするように友達のカラコンを借りる人もいます。

コンタクトは、雑菌がかなりついています。

そのため、消毒してきれいな状態に戻す事が大事です。

そんな汚いコンタクトをしているかもしれない友人のコンタクトを借りたら、あなたの目も雑菌だらけになります。

また、目の病気をもらってしまうかもしれません。

さらに眼科へ定期的に通って検診を受けないと、あなたの目の状態が分かりません。

カラコンを利用する時に絶対にしてはいけないのは「眼科に行かない」「装着したまま寝る」「レンズを貸し借りする」「消毒しない」「使用期限を守らない」です。

これらは、日本コンタクトレンズ協会のリーフレットに書かれている事です。

こういった事を守らなくても特に罰則はありません。

しかし、守らないと損するのはカラコンを装着しているあなた自身なのです。

きちんと守らないと、目が充血して痛みやかゆみを感じます。

また、失明してしまうかもしれないのです。

カラコンのネーミングは可愛く、おしゃれなものではありますが、ファッションとして身に付けるならばカラコン度ありセールで安いカラコンを探すのも良いですが、きちんと使用方法を守りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>