お尻の黒ずみ原因について

お尻の黒ずみはどうしてできてしまうの?

女性にとってとても恥ずかしいのがお尻の黒ずみです。

できてしまうと水着になるのが嫌と感じてしまいますし、彼氏や旦那さんにも見せたくないと感じてしまうほど悩みになります。

お尻の黒ずみを解決するためにも、まずは原因を取り除かなければいけませんので、原因を知ることが大事です。

ではなぜお尻の黒ずみができてしまうのでしょうか。

体の中で一番刺激を受けてしまうのが足の裏なのですが、その次に刺激を受けてしまうのがお尻です。

足の裏は刺激に耐えるために他よりもかなり硬い皮膚になっていて刺激に対して強いです。

しかしお尻は他の部位と同様で固く強い皮膚ではありません。

刺激を受けると防御するためにメラニンを生成するようになります。

これはどこの部位でも同様なのですが、しかし刺激を受ける回数が多くなればなるほどメラニンが生成される量が多くなります。

通常メラニンが生成されたとしても排出できますので問題ありません。

しかし多くなりすぎてしまうと排出が追いつかない状態となります。

追いつかなくて残ってしまったメラニンが沈着して残ってしまうため黒ずみができてしまいます。

座るだけでも刺激が多いのですが、下着の素材や動き方でも刺激を多く受けてしまいます。

黒ずみ解消や予防するためにもできるだけ刺激を少なくしてあげることが重要になりますので、下着の種類や動きそして座り方に工夫してください。

お尻の黒ずみ対策しているけれどもできるのはなぜ?

お尻の黒ずみをしっかり対策しているけれどもできてしまうことがあります。

対策していても何故出来てしまうのか一番気になり知りたいところです。

ではなぜ対策していてもできてしまうのでしょうか。

刺激で黒ずみはできてしまうのですが、ただ刺激だけが原因としているわけではありません。

かぶれや炎症によってできてしまいますし、ホルモンバランスの変化でもできてしまいます。

ただ一番問題となるのが生活習慣です。

色素沈着するのかどうかはその人によって違っています。

同じ下着をつけていて同じ行動していてもできる人とできない人で別れてしまいます。

大きな違いを生んでしまっているのが生活習慣です。

お尻だけでなく肌のシミなどの対策に必要としているのが、肌の健康です。

健康な肌ではないと、メラニンの排出が少なくなります。

排出が少なくなれば、色素沈着する可能性が高まります。

肌が健康なのかどうかは、その人の食生活や睡眠が大きく関係してきます。

乱れてしまえば健康状態が保てなくなりますので、お尻に掛かる負担として生活習慣の改善が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>