オーガニックコスメの定義と注意点について

皆さまはオーガニックコスメとはどの様な物かご存じでしょうか。

最近ちまたで話題になっていますが普通の化粧品と何が違うかと言いますとオーガニックコスメとは成分に化学合成成分を使用していない化粧品のことです。

そしてオーガニックコスメが作られた目的と致しましては化学的な効力を求めずに人間が本来持っている治癒力を活用して肌を健康に保つことを目的として作られ、肌に優しい化粧品になります。

またどうして肌に優しいのかと言いますと化学物質を使用しておらずに有機素材だけで作られているからです。

ではオーガニックコスメはどの様なことが魅力なのかというお話をいたします。

無添加や天然由来はオーガニックではありません

よく惑わされやすい言葉で無添加や天然由来と言った物があります。

ついこれらの言葉を聞くとオーガニックコスメではないかと思ってしまいがちなのですが実は違うのです。

まず無添加と言う意味合いは合成色素や防腐剤が含まれておらず、また石油を原料とした界面活性剤などの人口的な添加物含まれていないことを指します。

ですので無添加や天然由来という言葉を聞くと化学合成成分が全く使われていないイメージがありますが、実はそうではなく、肌のことを考えてなるべく使用を控えている化粧品のことです。

オーガニックコスメ購入時の注意点

では化学合成成分が使われていないオーガニックコスメは肌に対して健康を保ち、そして安心して使用できるのでしょうか?確かに化学成分が肌に合わずに炎症を起こしてしまう場合がありますので敏感肌の人には市販品の化粧品よりも安心感があるかも知れません。

しかし一つ気をつけなければならないのが食物アレルギーを持っている人達です。

自然の成分を使っているからこそ気をつけなければならないのですが、例えば大豆アレルギーの人は大豆や大豆が原料の食材を食べでしまうと調子が悪くなってしまったり肌が赤くなってしまったりしてアレルギー反応を起こしてしまいます。

実は化粧品も同じでアレルギーがあります。

ですので大豆アレルギーの人が大豆が原料となっているオーガニックコスメを使用すると肌が赤くなってしまいますので特に食物アレルギーの方は購入する前に自然派化粧品ランキングのようなサイトで成分を確認しましょう。

オーダーメイド化粧品

もし食物アレルギーがある人はオーダーメイド化粧品と言うものがあります。

価格は市販品よりも高くなってしまいますが、でも皆さまがアレルギーでも反応を起こしてしまう材料を使用しないで個人向けに調合をしてくれますので安心をして使うことができます。