カラコンは正しく装着しないと目が荒れます。

ファッション感覚で身につける事が多いカラコンですが、カラコンは目に装着するものです。

そして、そもそもコンタクトレンズはファッションではなく、目の視力を矯正するものです。

本当は、コンタクトレンズを装着しない方がいいに越した事はないんです。

しかしコンタクトレンズを作る技術が向上したのか、コンタクトはファッションとして利用しても良いような安全なものになりました。

そして、目が盛れるという事で女性を中心に人気を集めています。

しかしファッション感覚で身に付けているせいか、カラコンの管理を怠っている人もいます。

本当は消毒しないといけないのに、消毒しないで装着するなどの行為が当たり前になっている人もいます。

さらに、ワンデーのコンタクトなのに平気で何日もつけていたりという人もいます。

そして、まるで洋服を貸し借りするように友達のカラコンを借りる人もいます。

コンタクトは、雑菌がかなりついています。

そのため、消毒してきれいな状態に戻す事が大事です。

そんな汚いコンタクトをしているかもしれない友人のコンタクトを借りたら、あなたの目も雑菌だらけになります。

また、目の病気をもらってしまうかもしれません。

さらに眼科へ定期的に通って検診を受けないと、あなたの目の状態が分かりません。

カラコンを利用する時に絶対にしてはいけないのは「眼科に行かない」「装着したまま寝る」「レンズを貸し借りする」「消毒しない」「使用期限を守らない」です。

これらは、日本コンタクトレンズ協会のリーフレットに書かれている事です。

こういった事を守らなくても特に罰則はありません。

しかし、守らないと損するのはカラコンを装着しているあなた自身なのです。

きちんと守らないと、目が充血して痛みやかゆみを感じます。

また、失明してしまうかもしれないのです。

カラコンのネーミングは可愛く、おしゃれなものではありますが、ファッションとして身に付けるならばカラコン度ありセールで安いカラコンを探すのも良いですが、きちんと使用方法を守りましょう。

お尻の黒ずみ原因について

お尻の黒ずみはどうしてできてしまうの?

女性にとってとても恥ずかしいのがお尻の黒ずみです。

できてしまうと水着になるのが嫌と感じてしまいますし、彼氏や旦那さんにも見せたくないと感じてしまうほど悩みになります。

お尻の黒ずみを解決するためにも、まずは原因を取り除かなければいけませんので、原因を知ることが大事です。

ではなぜお尻の黒ずみができてしまうのでしょうか。

体の中で一番刺激を受けてしまうのが足の裏なのですが、その次に刺激を受けてしまうのがお尻です。

足の裏は刺激に耐えるために他よりもかなり硬い皮膚になっていて刺激に対して強いです。

しかしお尻は他の部位と同様で固く強い皮膚ではありません。

刺激を受けると防御するためにメラニンを生成するようになります。

これはどこの部位でも同様なのですが、しかし刺激を受ける回数が多くなればなるほどメラニンが生成される量が多くなります。

通常メラニンが生成されたとしても排出できますので問題ありません。

しかし多くなりすぎてしまうと排出が追いつかない状態となります。

追いつかなくて残ってしまったメラニンが沈着して残ってしまうため黒ずみができてしまいます。

座るだけでも刺激が多いのですが、下着の素材や動き方でも刺激を多く受けてしまいます。

黒ずみ解消や予防するためにもできるだけ刺激を少なくしてあげることが重要になりますので、下着の種類や動きそして座り方に工夫してください。

お尻の黒ずみ対策しているけれどもできるのはなぜ?

お尻の黒ずみをしっかり対策しているけれどもできてしまうことがあります。

対策していても何故出来てしまうのか一番気になり知りたいところです。

ではなぜ対策していてもできてしまうのでしょうか。

刺激で黒ずみはできてしまうのですが、ただ刺激だけが原因としているわけではありません。

かぶれや炎症によってできてしまいますし、ホルモンバランスの変化でもできてしまいます。

ただ一番問題となるのが生活習慣です。

色素沈着するのかどうかはその人によって違っています。

同じ下着をつけていて同じ行動していてもできる人とできない人で別れてしまいます。

大きな違いを生んでしまっているのが生活習慣です。

お尻だけでなく肌のシミなどの対策に必要としているのが、肌の健康です。

健康な肌ではないと、メラニンの排出が少なくなります。

排出が少なくなれば、色素沈着する可能性が高まります。

肌が健康なのかどうかは、その人の食生活や睡眠が大きく関係してきます。

乱れてしまえば健康状態が保てなくなりますので、お尻に掛かる負担として生活習慣の改善が必要となります。